在籍確認って会社にバレないんですか?

クレジットカードを作る時や消費者金融からキャッシングをする場合、クレジットカードや消費者金融は、申込者が申告どおりの会社に勤務しているかの確認=在籍確認をとります。

 

そもそも、この在籍確認は、「虚偽の会社名等を申告していないか」の確認だけではなく、「この業種で、おおよその年間売上、これぐらいの資本金の会社で、在籍期間が10年ぐらいなら年収○○万円をもらっているのは間違いない」という申込者の収入の裏付けの意味もあり、これ自体が審査に影響してくる部分なので、クレジットカードや消費者金融は在籍確認を省略することは出来ません。

 

しかし、大手や中堅のクレジットカードや消費者金融は、「担当者の個人名で会社に在籍確認をする」ので、クレジットカードを作ることや消費者金融からのキャッシングがバレることは、ほとんどと言っていいほどありません。そして、消費者金融が、会社への在籍確認をすることによって、キャッシング等の申込の事実がバレてしまえば、大きな信用問題になりますので、在籍をしているか否かの確認の際には、確認をする消費者金融の担当者が不適切な発言をしていないか等を録音しながら電話での連絡をしています。従って、在籍の確認で勤務先に、キャッシング等の申込をしたことがバレることはありません。

 

サラリーマン