返済を滞納してしまうとどうなりますか?

返済を滞納してしまうと消費者金融から電話がかかってきます。これは返済催促の電話です。この電話をそのまま放置しておくと電話の回数が増えていきます。電話がかかってくる時間帯は法律で決められていてその時間帯に連絡がやってきます。この状態で返済が行われない場合、勤め先に電話が行われるようになります。それでも何の対応も取らない場合、取り立てが開始され、最終的には差押えの手続きが為されます。

 

対処法は、まず消費者金融に連絡する事です。一時的な滞納で後に支払う事が出来る場合であれば、利息のみの支払いに切り替えてもらうよう相談すべきです。滞納が続き、将来的に完済が不可能であれば、債務整理で借金を整理する他ありません。

 

中には消費者金融からの電話に出たくない方もおられるのではないでしょうか。基本、消費者金融の電話対応は丁寧かつ親切ですので、過剰に恐れる必要はありません。逆に全く対応せず、事態が悪化する事を心配すべきです。

 

問題を先延ばしにすると遅延損害金が発生し、どんどん債務が膨れ上がっていきます。そこで何とか解決しようとするのではなく、最初に連絡して相手方と相談してください。消費者金融の電話には誠実に対応するよう心がけましょう。

 

携帯電話